MENU

shintiku_h001.jpg

 

これから先あと何年家賃を払い続けますか?

もし、あなたが今「賃貸」に住んでいるなら、この先何年家賃を払い続けるのでしょうか?

 

例えば、3LDKの賃貸に住んでいて月々70,000円支払うとしましょう。

すると、

 

5年間で・・・ 7万円×12ヶ月× 5年=420万円
10年間で・・・ 7万円×12ヶ月×10年=840万円
20年間で・・・ 7万円×12ヶ月×20年=1680万円
30年間で・・・ 7万円×12ヶ月×30年=2520万円

となります。

 

もしご主人になにかあったら・・・

あまり想像したくはありませんが、「働き盛り」の死亡率が上がってきています。

もし、ご主人に何かあった場合、「賃貸」ではマイホームに比べて保証が小さいのです。

 

なぜなら、残された家族は生涯家賃の支払が続くからです。

遺族年金や死亡保険金は家賃で消え、生活費にまわらないという例が多くあるのが実情です。

 

一方、マイホームを持った場合、住宅ローンには、万一に備え生命保険が組み込まれています。

つまりマイホームは、家族を守るために大切な保険なのです。

 

住宅を建てる事によって万一に備えることになるのです。

さらに、銀行の住宅ローンの生命保険料の負担もありません。

 

まずは専門家にご相談下さい

もし今、新築マイホームにご興味を持たれたなら、まずは家の専門家である私達にご相談下さい。

弊社事務所にて丁寧にご説明いたします。

 

無料相談会のお申し込みは、お電話かフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

>>> お問合せフォームはこちら